上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.-- (--) --:-- 
店外デートシリーズ
1章から11章まで書くのに2週間ほどかかりましたが,なんとか完成しました
お付き合い本当にありがとうございました
「カテゴリ」でも参照していただけますが(携帯ユーザーの方はTOPページにあります),
まとめとして改めて貼っておきますね。



フーゾクレポ 悦楽49回目 【人生を変えた嬢】
店外デート日記 1章 【デートまでの道のりエクスプレス】
店外デート日記 2章 【嵐山&四条で初デート(前編)】
店外デート日記 3章 【嵐山&四条で初デート(中編)】
店外デート日記 4章 【嵐山&四条で初デート(後編)】
店外デート日記 5章 【嬢の自宅に強襲(前編)】
店外デート日記 6章 【嬢の自宅に強襲(中編)】
店外デート日記 7章 【嬢の自宅に強襲(後編)】
店外デート日記 8章 【セクキャバ嬢&元ホスト乱入(前編)】
店外デート日記 9章 【セクキャバ嬢&元ホスト乱入(中編)】
店外デート日記 10章 【セクキャバ嬢&元ホスト乱入(後編)】
店外デート日記 11章 【ひび割れ】





最終章ではたくさんのコメントをいただきました
一つ一つ丁寧に見させていただきました
みなさんの温かいコメントは僕の心を打ちました
未熟な僕としては,叱咤激励された気分です
今回は敢えてコメント欄でコメント返しをするというのは控えさせていだきます
みなさんのコメントを全体にフィードバックしたいと考えたからです
所々コメントをピックアップし,僕の思いをお伝えし,総括とさせていただきますね
少々長くなるかもしれませんが,お付き合い願えるとうれしいです



私も、若い頃あるセクキャバ嬢といい関係まで行きかけて玉砕した記憶があります。
お母さんまで紹介してもらって、お母さんからも『ウチの〇子をお願いね』って言われて、
思い切って告ったら見事に散りました。今でも苦い記憶です。
管理人さんはまだお若いんですから、これからですよ
 (ペス さん)


僕以外の店外デート経験者からのご意見です
このコメントを見ても,なかなか自分と相手の心情のギャップがわかりますね
親が絡むともっと事態は深刻になってきますよね。。。
その他多くの方からも最後の行のことを,言っていただきました
探求をやめてしまえばつまらないですからね
これからも色んなチャレンジを貪欲にしたいところです



なんか色々考えさせられるな。  (西中島)
でもいろいろなことが納得いくような印象を受けた。  (R さん)
女の子って、分からないなぁってまざまざと思い知らされました。  (呑船 さん)
虚しさ、なんか悔しさ、情けなさ、なんとか諭してやれなかったのかという自分への力の無さ。 (tagutinn5 さん)



女の子は二つの顔どころか,何十もの顔を持ってるんだなと再認識させられる機会でした
よくいう「女心」というものでしょうか?
「理論」を語るのは簡単だけど,「実践」にうつすのは難しい
そういう時には無力感を強く感じます
呑船さんも書かれていましたが,過去の投稿の中で伏線をいくつか張っておき,
読者の皆様に「納得いくような」つながりを心掛けました
いま思うと,当時は気付かなかった発言がこうつながってくるのか,と自分でも思ったものです
このことから得られる教訓は,“なにもない時だからこそ周りを見渡す”視野の広さだと思います



おれも性病かかってるか検査したいんだけど
いきなり病院行って検査したいんですけどって言えば診てもらえるの?
 (69太郎 さん)


大きな病院だと「性病科」,普通の病院だと「泌尿器科」で検査してもらえます
検査の方法は様々ですが,尿検査だとすぐ結果が分かるのでオススメです
僕も「まさか」自分が性病にかかる日が来るとは思っていませんでした
みなさんもまめに検診に行かれてくださいね。うつされる方も嫌ですが,うつす方もいい気持ちしませんしね




連絡取れなくなってたんですね~
私のお相手した子もホント人なつっこくて可愛かったですがメンヘラ気味なのは同じ・・

(ゆき さん)

嬢って中佐と会ってすぐ風俗やめたの?  (名無し さん)



このことに関しては,書ききれないほどたくさんありました
過去の投稿でも,このことにあまり触れていないので簡潔に書きますね
嬢は俺と初デートを終えた時期くらいに「店をやめた」と言ってきました
学校帰りに風俗で働いたりするのが疲れたとのことでした
(この子は京都なので梅田まで移動に多少時間もかかります)
まあこの子がはじめて風俗で働きだした頃に俺と出会ったので,まだバイト感覚だったんだと思います
ホテヘルをやめてから,近場の京都の箱ヘルの面接に彼女は行きました
しかし,実際に出勤するのはやめて(ハードなサービスをしたくないと言っていました),
セクキャバでしばらく働いていました。でも今は辞めています
よって,ゆきさんが京都のヘルスでお相手された嬢は,この子ではないですわ
今は,再び大阪に戻り,違う店で働いています





僕も来月、店外予定です
人気嬢だしどうなんだろ?って感じです
ま、偶像と風俗と仕事、これが今の僕の生活スタイルですw
 (狼男 さん)



これから新しい1ページを刻んでゆかれるのですね。。
人気嬢だとあの手この手を使って楽しませてくれそうですね!
経済的に自立していない大学生と違い,お仕事されながらの風俗は良いリフレッシュなのでしょう
軽く僕を反面教師として,素敵なページになることをお祈りします
よければまたちょくちょく報告してくださいw



こういうに見るとお店の中でキャッキャ遊ぶのが一番だなーって思う。 (橋田至 さん)
風俗の子や夜の子と付き合うというのは普通の子と付き合うより
刺激があって中々抜け出しにくくなる気がします。気をつけて下さいね
(私だけかもしれませんが)
そっち方面にどっぷりはまるより綺麗に遊んでいった方がいいですよ
 (た~准将 さん)



おっしゃられる通りだと思います
その時間だけの関係を結んで綺麗に店に背を向ける・・・
そのへんの「わりきり」ってすごい大事ですよね
当時,盲目となっていた自分。「ガッツリ」とのめりこんでいました
まさか自分でもフーゾク49回目にして禁じられた扉をあけるとは思ってもなかったです
禁じられた扉は,時には天国につながり,時にはそうでない方につながる可能性を知りました
ちょい大げさですかね(笑)



中佐さん、彼女の事を どう思ってたんですか?
好きでしたか? オキニの風俗嬢として?
それとも‥恋人として?
この経験から、店での風俗嬢への接し方が変わりました?
それとも今回の彼女みたいに、店外して家へ行ける関係になって、
あわよくばタダマン出来る嬢を、今後も探し続けますか?
  (カメゴン さん)



友達以上恋人未満の結局は「遊び仲間」だったと思います
このような中途半端な関係だからこそ,うやむやになったのかもしれません
そして,この店外の件以来風俗は行ってません
来月の東南アジア遠征を皮切りに,また風俗生活再開の予定でございます
とうぶん,視野の狭いままでの店外デートは控えたいなと思っています
成長が必要だと強く印象付けられました
みなさんが言う,「綺麗な遊び方」ですね






以上が店外編の総括となります
山あり谷ありでしたが,貴重な経験でした





これからもあらゆる方面に進み続けたいです
ときには後押し,ときには訓練してやってください





↑ぽちっとエネルギーわけてください

 
08.15 (Sun) 21:44  コメント19.
みなさま,こんにちは




実は,しておきたいお話があります。



店外デート編でおなじみの例の嬢。
今までの11章までのレポートを見てもらえばわかっていただけると思いますが,
この子とは6月以来連絡を取っていませんでした。


しかし。


嬢から電話がかかってきました。
約二か月ぶりに。
彼女の声は,とても明るく,同時にとても暗い声でした




なぜこんなタイミングでかけてくるのだろう




そう思い,理由を聞くと,話したいことがあるというのです。
家まで来てほしいと言われました
電話ではなく,直接話したいと。
あまりに深刻そうなので俺は,ちょっと考えておくと言い,電話を切りました





過去に色々なことがあったので,同じ過ちは犯したくありません
ただ,二か月ぶりにTELしてきた所以を知りたいとも同時に思います
俺はどうするべきなんだろう





葛藤。
 
08.18 (Wed) 05:36  コメント37.
おはようございます


前の記事では多くのコメントを投稿していただき,ありがとうございます




蓋を開けてみると,さまざまな観点からのご意見がありました
「無視する」「CALLしてみる」「会いに行く」「危険ではないか」・・・・等々
その中でやはり一番実感したこと
それは俺の気持ちによって,展開がどんな風にも変わってくること
当たり前のことなのですがこれに尽きます




なぜ嬢は再び俺に会うことを選択したのか。
二か月というブランクがあるにも関わらず。
嬢なりの理由があるのだろうか






「罠だよ」



もう一人の俺はそう判断した
また波乱があるのではないか
今度こそただじゃ済まない
警告だ。






「乗り越えるべきハードルだよ」





今の俺はこう判断する
沈黙するだけでは,実のところが把握できない。
直球でないにしろ,カーブで様子を見ることもできる
思いはうずまくままだが,二か月の沈黙を破ろうと思います
 
08.19 (Thu) 06:04  コメント16.
ピクチャ記録:No.1
該当体験レポート:フーゾクレポ 悦楽39回目 【店名が喘いでる店】





クラブ安安・・・大阪ホテヘルを知っている人にしてみたら名の知れた店です
体験レポのほうにも書きましたが,この店は看板が出てないので,HPに記載してある地図は必須だったりします
恥ずかしいことですが,俺は極度の方向音痴です
毎回フーゾク行くときは,誰かしらに道を聞いて行ってます
「そこまでしてフーゾクに行きたいんか!」
はい,その通りでございます。


z1_1.jpg
難波の町並み


今回・・・まさか
「すみませーん,クラブ安安ってどこですか?」
なんて通行人なんて聞けるはずもなく,
地図上で近くにあった大阪生命ビルの位置を聞くことにします
「すみませーん,大阪生命ビルはどこにあるかご存知ですか?」
相手は生命ビルにどう見ても用事のなさげな大学生・・・
不思議そうにもサラリーマンの方が教えてくれました



z1_2.jpg
対戦したラブホテル。



お相手は・・・・パネルとは似てるようで似てない若い子。。
そう,この店はパネマジで有名な店です。
ゆえに,あまりお勧めはしません
でも,華奢でロリっぽくてmy sonは正直に反応しました(笑)
この子は,僕がタイプの男だと言ってましたが,
こういうセリフ言う子は全員に言ってるのです
フーゾクでは「あなただけよと,皆に言い」ですからねw


z1_3.jpg


撮っていい?と聞くと,
「顔はだめ!」と言いつつも「メイメイ(ア〇コ)はいいよ!」と言うのです
うーん,中国人の謎がもう一つ増えた


z1_6.jpg


デジカメの記録を見ると,バックの写真が圧倒的に多いんです
理由はただ一つ。
僕が一番好きな体位だからです
性癖モロバレorz
バックだけでも満足します
バックでガンガン突いて征服感を味わっているときが,人生で2番目くらいに幸せです



z1_4.jpg


バックだとお尻から脚までの,美しいフォームが見れるのもメリット

ご飯3杯食えます



z1_5.jpg


ガッツリ放出し,ドヤ顔で難波の街に繰り出すのでした。

最近暗い記事ばかりだったのでちょっと景気づけにw
 
08.29 (Sun) 17:05  コメント16.
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。