上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.-- (--) --:-- 
「ゲヘヘ‥むはっむはっジュルジュル」
高校卒業したての女子をむさぼる時の心の声です



【日】2010年5月10日
【店名】梅田バニーデリクラブ
【地域】大阪・梅田
【業種】ホテルヘルス
【料金】15000円(60分・指名)
【HP】http://www.bdc-umeda.com/k/




z_upup_be.jpg



前回に引き続き,ふたたび梅田の兎我野(トガノ)に潜入です。
トガノは大手グループが多数密集してるので,遊びやすいですね。トガノに住みてぇ~!(笑)
梅田バニーは,大阪風俗大企業の「グローアップグループ」の店。
個人的には1番お気に入りのグループです。
ピンサロにしろホテヘルにしろ,このグループでまずハズレは引きません。
さて,以前に「OL」バニーに行ったことがあるので,今回は普通(?)のほうに初挑戦!







店に到着。店員がとても丁寧な対応で素晴らしい。
どうやらHPに顔写真もスペック情報もない新入りの子が複数いるらしい。
気になったので指名
待合室には仲間が5人。暇なので爪をパチパチ切ります
周りには「これから手マンするアピールしてんじゃねえよww」と思われていることでしょう









「○番でお待ちのお客様~」番号が呼ばれます。
店員「エレベーターの前に女の子がおりますので・・」 
反則だろ・・
ほんわか系で茶髪の長い髪,イマドキのワンピース&スカート姿の子が立っています。
加藤あい&綾瀬はるかを足して2で割って因数分解して・・
とにかく申し分ない可愛さです。ここまでタイプの子は久しぶり






「緊張してるけどヨロシクね~^^」
嬢「あたしも緊張してます・・ えっと・・腕組んでいいですか??」
ぎこちないけど,だがそれがいい
ホテルまでの道のり,前から歩いてくる男たちが羨ましそうに見てきます
嬢「わかいですね~ いくつですか?・・ハタチくらい?」
「うん当たり!そっちも若いね~ 制服着させたら高校生でもいける感じw」
嬢「だって,このまえ高校卒業したばかりだよ・・w」
・・うおおおおおおおおおお







十二支で何どしかとかで,プレイ前後の雑談中にさりげなくカマかけたりするんですが,
今回の子は全て一致してました
(十二支はオススメ。過去に,自称21の嬢が24のことがありました^^;)
ピチピチ18歳ロリとHなことをする喜びを噛み締めながらホテルIN。
部屋へ。





嬢「若い人が来るとかうれしい(@'ω'@) おっちゃんしか来んやん」
最初,俺が客だとわかった時はビックリしたようです
お世辞も言ってくれ,気立ての上手なコ。いいお嫁はんになるんやろうなぁ・・
「甘えたくなって^^」
嬢「甘えてきて でもうちドMだけど(´д)」
期待が膨らみます。ベッドの上で横に座りつつ色んなお話。








・・・ 「てか照明暗すぎるって!!」
嬢「え,やだやだやだ!ハズい」
かわいい顔もっと見たいんだと言うと照れてました
お互い服を着たまま,どさっとベッドになだれこむ。
数か月前はJKだった唇を奪い,優しいレロレロディープキス。
チュッチュッと音が発します
お口の中があたたかい・・。舌でヌチョヌチョと互いの口をむさぼります。
会って間もない子のお口と唾液だらだらにするのって最高
下半身がムズムズ・・










「あ~ヤバイ。暴走気味やわ」
嬢「あははははっw」 
反応が純粋で愛くるしい。
両者,下着だけの格好になります。
18なのにエロ~いブラつけとります。
もうシャワーなんて浴びずにプレイ決行







ブラをとり,胸をモミモミ。
張りがあってやわらかい18歳の胸・・我慢できずに舌でレロレロチュパチュパ。
「あぁん・・」と漏れる声。乳首も勃起させます
そして・・「じゃじゃん これ何?」
嬢「うわ,うわ! なんかでかくない?」といやらしい声で答えてきます。
「ちゃんと報告して^^」
嬢「おおきい・・おちんちんが大きい・・んふふ」
「鉄は早いうちに打て,だよ!」
嬢はケラケラ笑っとります







いきり立った肉棒を見つつ「これどうする?」
嬢「なめる・・」
「へ~舐めるんだ~」
嬢「え~!ちがうの~?」
「まだおあずけね」
四つん這いにさせ,嬢のパンツに手を当てる。
嬢「恥ずかしいな(∀`*)」
パンツをゆっくりずらし・・
「後ろからゆっくり見ていってあげる。・・うわ~」
嬢「やだぁー(笑) ジロジロ見ないでっ!!」
「生まれたままの姿だよ^^」
嬢「はずかしい~><」







続いてオマ○コに手を当て 「すごいこれ。ヌチョヌチョいってるんだけど」
嬢「えっ!? うそだぁー」
手で秘部を摩擦。ピチャピチャと音が響く
「ほら。聞こえる」
嬢「きこえない(*≧д≦)」
どんどんいじめたくなります。 
「湿ってるし(笑) なに濡らしてんの^^」
嬢「んん~ん!」
顔をよじらせ,声にならない声を出し始めました







すると嬢が上目づかいでチンコを握りしめ,いたずらっぽくシコシコしてきます。
「このイジワル~w イジワルしたら返ってくるの知ってる?自分に」
嬢「ううん^^」と首を横に振り,さらに勃起チンコを摩擦してきます
イジワルされたのでお仕置き。
唇を再度犯し,首を舐めあげ,耳に舌をジュルジュル侵入させて耳元で囁きます。
彼女の甘い匂いに下半身もギンギン
無味無臭でピンク色の卑猥マン○をねっとり舐めあげ,蜜を飲みます。
18歳本気汁おいしいです







「そろそろ」 嬢「いい?」 「いいよ」
そう許可を出すなり肉棒を握り,シャワーしてないチンポをしゃぶり始める18歳。
嬢「ガマン汁出てるw」
ドス黒いブツがこんな可愛い子のお口にジュボジュボくわえられてる光景はAV以上。
「俺じつはSなんだよね~」
嬢「だと思ってたw」
ふ。持参してきた手錠を取り出し,嬢の手を後ろで縛ります
ガチャッと金属音
嬢「逮捕されちゃったw」 そのかわいいお口もきけなくしてやるよ。





CIMG1020.jpg





手を動かせなく,自由がない嬢の口に,一方的に勃起チンコをねじこみます
カポッカポッとお口で奉仕する音が聞こえます
スピードを速めて口に出し入れします
嬢「んっんっんっ・・」
ちょっと苦しそうにしゃぶり続けます これはガチで興奮しました
口がにゅるにゅるでイきそうになってきます
その時,「ぐぼっ」と嬢がペニスを吐きだし,ゼーハーしてます
嬢は「続けて」と言ってきますが可哀相なので手錠を解いてやりました





普通の体勢でのフェラに戻り・・
「ああ・・ああ・・イくよ?」
嬢「うん(*≧д≦)」
ドクンドクン・・・ロリの小さなお口の中に精液を大量発射。
嬢の口からザー汁が出るのを見るのが好きなので,手に精液を出してもらいます
いっぱい出てました。こんな可愛い子に汚いチンポ汁を発射したという余韻に浸りつつマッタリ・・





「エッチもしたいね」
嬢「うん。でもカタイのが欲しかったなぁ~w」
そう1発目を出し終え,チンはもうかつての硬度をなくしている・・。
嬢「ふにゃってる(・∀・`)」
「元気にしたって^^」
嬢「うち復活させるの苦手なんだw」
と言いつつもさすがM。
ザーメン出したての生臭いチンポを,ふたたびフェラしたり,しごいたりしてきます
嬢「がんばれムスコ~(笑)」







きもちいいんだが,立ちが悪い。
そこで提案。
俺が持参したアイマスクをしてもらい,いやらしいポーズを要求!
嬢は「えぇ~!w」と戸惑いつつも笑ってます。このド変態が。
そして全裸で自慰をしてもらう。
手を桃色のアソコにあてがうJK・・
いっつもこんな風にオナってんだなと思いながらシコります。
彼女を「道具」にオナニーしてるという状況に興奮してしまいました。









ビンビンになり,ゴムつけたらまた萎えると思ったので
「ソト出しとか駄目やんなぁ?」
嬢「ううん,いいよ」 ということでナマで挿入。
ナマは久し振りだなぁ ヌププッ
バックで突きますが・・・18歳の膣の中がキッツキツでチンコを強く締めつける・・
ああ,きもちいい・・すぐイく・・
温かい白濁液をこの子のお尻にドピュドピュ射精・・
ものの数ピストンでイってしまった。情けない。
ナマやっぱ気持ちよすぎだろ・・
嬢は「えっ?早いw」
俺の負けですわ





2_20100728061143.jpg



急いでシャワーし,部屋を出ます。
時間見ると60分コースなのに,80分くらい経っていた
嬢「こんな男の人ばかり来てくれたらいいのに・・」
「こんな子ばかりが街歩いてたらいいのにw」
いちゃいちゃしながらエレベーター内でDキス









嬢「どうやって帰るん~?」 「大阪駅からだよ」と言うと
時間オーバーしているにも関わらず
「見送ってく(o'ω'o)」
と店から離れたところまでついてきてくれた
そこで数分お喋りしてお別れ。
住んでる所と学校教えてもらったので,今度遊びに行ければなあ
最後振り向くと,手を振ってくれていた。
手を大きく振り返し,帰途の電車に揺られました






総括:★★★★★
この嬢とは,後に店外する関係になりました
 
07.28 (Wed) 06:03  コメント1.
  
コメント

手裏剣と十手は何に使うのですか?w
---------- タニマ [ 編集] URL . 05/12, 21:24 -----
コメントする







  
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。