上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.-- (--) --:-- 
ちわ\(^o^)/
京都の残念な大学生,中佐です。
約5か月ぶりの記事でっす!! イェイ!
みなさん,お元気でしたかー!?
記事を更新しない間,たくさんのことがありました\(^o^)/





就職先も第一希望のところが決まりました!
つまり,とうとう来年から,
「大学」という隔離病棟に閉じ込められていたこのエロい猛獣が,社会に放たれます
OLの女性は襲われないように気をつけてください。
これは上野動物園から動物が脱走するより,深刻な問題です。
今まで私を育ててくれた日本社会に,これからは還元する身となりました
社会人の方,若輩者ですがよろしくお願いいたします。







さて,久しぶりの記事。
まずは何書こう?と思いましたが,高校時代のプチエロ体験について書きます。
理由は単純!
さいきん甲子園を見ていて,高校時代の様々な思い出がよみがえってきたからですww




waaakiii2762.jpg


いや~~
こんなかわいいジョリワキ女子高生に応援されたら球児も幸せでしょう!!
試合どころじゃないですね
俺が球児なら,頑張ってこの子のためにホームラン打ちますね
そして夜には下半身の金属バットで2回目のホームラン打ちます。
さいきん元気のない僕のチンチンも応援してほしいです
フレーフレー (´;ω;`)ブワッ
本題に移ります;;








高校生時代は,それこそ色んなエロい出来事がありました
今回は,それのなかの1つについて振り返りたいと思います
古っぽい画像は当時のオリジナル画像です!!





■エロ体験(教室編)








~プロローグ~

教室はエロの宝庫だ
あの頃にもどりたい。
今でもそう思うことがある。
毎日,スカートむきだしの女子高生に囲まれながら勉強している毎日・・
そりゃ理性を狂わせられる男子高校生がいても,おかしくはない。
中佐少年もそのうちの一人だった





DPP_1028.jpg



~性欲のカタマリ~

中佐少年は,当時,クラスメートからも言われるほど「スケベ番長」であった
そう。高校生の性欲というものは,まるでマグマだ
家に帰ってからオナニーしとけ!という問題なのだが,中佐の場合,家まで待てないのである
学校のトイレでオナニーすることが多くなった。
しかし,それだけでは満足できないのだ!
ある日,中佐は一つの打開策を思いついた。
それは・・
「教室でオナニーしたい・・。それも授業中に」






~絶好の機会がやってきた!~


教室でオナニーするにはどうしたらいい??
そう思ってる時期,運よくも「席替え」があった
そして,なんと・・
「一番後ろ & 窓側」という,誰にも目立たない席になったのだ!



DPP_1030.jpg





でも・・どうやってチンポをいじるんだ?
オナニー後のカルピスの処理は?
もし見つかったら・・?
作戦は,完璧かつ計画なものでなければならなかった








~武器~

作戦を実行するため,以下の3つの道具を教室に持ち込むことに決めた
・オナホール(つぼみちゃん)
・コンビニ袋
・フィルムケース


img914598edzikazj.jpeg



つぼみちゃんというのはオナホールの商品名だ
決して俺が自分のオナホールに命名している危ない人ではないのでご注意いただきたい><
ちなみにフィルムケースには,ローションを入れておく!
これで作戦は完璧だ!!







~実行の日~

暑い暑い夏の日だった
ピクッ・・ピクッ。
同時に,下半身の怒りも頂点に達していた
教室にいる女子高生どもが,生きている卑猥物にしか見えない。
僕は静かに,作戦を開始した





机の中に入れていたビニール袋を静かに取り出す!
オナホールの入り口部分にローションを垂らし,いざ左手でチンコの元へ・・
イメージとしてはこんな感じだ
中学のとき美術の成績が5段階中2だったなりに頑張って書いてみたので,誹謗中傷はお避けください。




DPP_1027.jpg




みんなは理科の「生物」の授業に集中しているなか,俺はオナホールを片手にとった
ぬちゅり・・・
あああ・・気持ちよすぎる・・
現役の女子高生の夏服姿を見ながらオナニー中継できるなんて!!!
へい!透けブラしてる,そこのオジョウチャン!
へい!いつも澄ました顔してるRちゃん!
もう今になっては,お前らは俺のオナペットだ!!



やはり,教室でオナニーするという斬新さからか,かなりの快感がチンポを襲う!
しかもオナホールは,キツキツで有名な「つぼみちゃん」だ!
ローションと我慢汁にまみれたチンポは,まるで水を得た魚のように元気である!!




DPP_1029.jpg




そして,なによりのオナペットは,俺の横に座っている子だった
この子は2年間同じクラスで,体育祭でも副団長をつとめている子だった
副団長ぉぉぉぉ!
おれ,今おまえの50cm先でオナニーしてるんだぜえ
おまえの甘いエイトフォーの匂いをクンクンしながらチンポいじってるんだぜ
黒板の前の教師は「ミトコンドリアで好気呼吸をしてATPを得ることが~~」なんて言ってるが,オナニーの邪魔をする声にしか聞こえない






限界が近づいてきた・・
ジュボジュボジュボ
ああ・・副団長・・出すよ・・・
もうだめだああああ いくううう ふくだんちょおおおおおおおおお!!!
ドピュドピュ・・
大量の白濁液がオナホールに中出しされる
ハァハァ・・
俺は手際よく,静かにオナホールをビニール袋にしまい,ズボンのチャックを閉める。




(゚o゚)  「さ,勉強するか」
オナニー後の賢者モードでは,授業はいつもより,はかどった
それ以来,副団長と目を合わせるのが少し気まずくなったことを書いて,本体験のシメとする。




DPP_1031.jpg






という淡い夏の思い出ww
ぜひ大学や職場でも実践してください。ハマります。


さて今までブログをご覧になっていた方々。お久しぶりです。
そして新しくブログにこられた方。はじめまして。
みなさんは,この約5か月で何か目新しい経験・出来事はございましたか?
またお聞かせくださいね。
さてブログ再開です。今後もよろしくお願いします!!
 
08.25 (Thu) 09:10  コメント68.
Date:2010/08
Volume:20



「彼氏以外の男に,体さわられるとか,そういうのがダメになったみたい」

これが数十日前まで風俗嬢だった子のセリフか?





驚きながらも,「妊婦」になった18歳の少女の心情を察した
4か月前までは高校生だった彼女。
高校時代は部活に精を出し,彼氏と純粋な付き合いをしていたという。
しかしセックスは高校時代に経験していたし,ずいぶん調教されていた
(フェラをして口内射精した後は,ザーメンを飲むなど)
なので「純粋」と言うと誤解を招くが,
少なくとも今のように,「彼氏以外の男」とプライベートで何人もセックスしまくる子ではなかった




DPP_1036.jpg




妊娠してからは一風違っていた。
それは行動にも表れていた。
京都の8月というと,歩いたら汗がにじむ猛暑。
嬢 「のど乾いたね^^」
暑さにやられた嬢が言う。
自販機でジュースを1本買って,俺が先に飲む。
そして,その「飲みさしの」ボトルをいつものように嬢に渡す
嬢は一言。
「やっぱ・・いらない。。」
それを聞き,「え?」と言いそうになるのをこらえて,新しいジュースを買ってやる
理由は知っている。
でも「あー お前,炭酸苦手やったもんなw」と返答する。
自分でも傷つきたくなかったから,俺のとっさについた嘘。
今までこの子と作り上げてきた「あたりまえ」が,そうではなくなっていた瞬間だった







19章には詳しく書かなかったことがある
それは,こういう状況ながらも彼女が甘えてこようとしたこと。
すなわち部屋で体を預けてきたこと。
「彼氏以外の男に,体さわられるとか,そういうのがダメになったみたい」と言いながらも,
彼氏から見放され,ヤリ捨てられた彼女の出した選択として。
肉体的にも一つの命をお腹に宿し,精神的にもズタボロになった嬢は,
きっと「誰かに大切にされている」という証を得たかったんだと思う






DPP_1038.jpg






そりゃそうだよな,と今では半ば同情できる。
京都府の中でも北部のいわゆる「ド田舎」な地域から,京都市に引っ越してきて一人暮らし。
部屋は,テレビも冷蔵庫もない小さく孤独な部屋。
片親は不在。
仕送りは少なく,仕方なくはじめた風俗という職種。
2人目の彼氏と同棲を始めるものの,妊娠させられ,裏切られる。
残ったものは,散財しすぎて空っぽになった財布と,お腹にいる一人の赤ん坊。
そして孤独感。




実はそれだけではなかった
この子には,それに追い討ちをかけるかのように,天罰が下った
いや,逆襲を受けた。
仲間だと思っていた人が敵になった。



ツーーツーー
俺 「もしもし」
嬢 「あ,私。」
俺 「どうしたん?」
嬢 「助けて。どうしよう」




このパターン・・金か・・?




俺 「助けてって・・詳しく頼む」
嬢 「いやがらせ受けてる・・」
俺 「は?」
嬢 「電話で,お前なんか死んでしまえって」
俺 「誰に言われてる?」
嬢 「女の人」
俺 「何か思いあたるふしある?」
嬢 「実は・・・」




その女とは,なんと現役の女子高生だった
しかし,なぜ高校を卒業した嬢に,女子高生が脅迫の電話を?




俺 「女子高生と何か接点は?」
嬢 「遊んだことのある男の彼女なん,その子」
俺 「その男って,お前の彼氏じゃないやろ?」
嬢 「うん。京都産業大の友達」
俺 「なんで彼女おるのに手出したん?」
嬢 「その男,彼女おらんって言ってたから・・」




つまりこういうことだ
産業大の18歳の男は,嬢の友達。
合コンで知り合ったという。
だが,その男は付き合ってる人はいないと嘘をつき,参加していた。
そして仲良くなったこの嬢に甘い言葉をかけ,セックスをした
交際している彼女に隠して。




嬢 「どうしよう」
俺 「でも,その男も悪いけど,お前にも責任あらへん?」
嬢 「・・・・・」




正直,ざまあみろと思った
過去に派手な男遊びしてた罰。
軽い女は便利だから,そうやって遊ばれるんだよ
メンヘラは攻略が簡単だからね。
でも全部自分が引き起こした結果。
被害者ぶるのいい加減やめたら?
悲劇のヒロイン気取って自己満足してるだけじゃん。
でも
赤ん坊を身ごもった嬢に,それは吐けなかった





DPP_1037.jpg





俺 「えーっと。なんでその女子高生は浮気に気づいた?おかしくない?」
嬢 「性病がうつったって」




オイオイ頭が痛くなってきた・・
女子高生の子が,自覚症状が出始めて,彼氏に問い詰めたそうだ
「私以外の女と遊んでるでしょ」って。
そしたら吐いたと。
感染ルート元である嬢の存在を。
女子高生はそれに激怒した。




俺 「産業大の奴と一緒に,女子高生の子に謝るしかないな」
嬢 「実はその男から,私が全部悪いことにしろって頼まれたねん」
俺 「は?おかしいってそれ」
嬢 「その男は,女子高生の子とまだ付き合いたいらしくて」
俺 「彼女のご機嫌取りってか。どんだけ女々しいのそいつ」
嬢 「それで私の電話番号バラされて,女子高生の子が電話してきたん」





天秤にかけて,この嬢よりも,もちろん彼女を優先したと。
友達だと思っていた男が敵になったんだね
まあ人間なんてそんなもんだと思う
瀬戸際のとき,結局は自分を優先して考える




俺 「そいつら両方のメールも電話も着信拒否するしかないな」
嬢 「でも。。いいんかな?」
俺 「女子高生の子の怒りは,本来その男に向くべきやと思う」
嬢 「わかった。ありがとう。ほんまに」



ややこしいことになる前に,そいつらとの関係を絶つほうが賢明だと思ったからだ
この件は,結局はなんとか事なきをえた。




―――



数十日経ったある日。
彼女が1つの決断をしたようだった
ショックだった
哀れだった
しかし,もう選択肢は残っていなかった
僕は止められなかった
彼女は必死に生きていた
 
08.30 (Tue) 03:00  コメント32.
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。