上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.-- (--) --:-- 
当日はなんと,朝5時に家を出発しました


いかにも「これから旅行するぞ~~」って感じがして,とてもウキウキ
全然夜は寝れなかったのですが,そんな眠気もふっとぶほどアドレナリンが放出されておりました
あれです。小学生が遠足の前の夜に寝れないけど元気な現象と同じです
俺は大人の遠足ということでお許しください<(_ _)>


CIMG1360.jpg


京都駅からは,特急「はるか」に乗車。
発車数分前にドタバタ乗りこむあたり,俺の計画性のなさが・・orz


CIMG1374.jpg


関西国際空港に到着。
すれちがった女子大生二人組が「ちょ~~疲れたね・・」とぼやきながら,エスカレーターを降りていました
俺も帰国後には,ぐったりしているのだろうかと少し不安になりながらも,国際線のフロアへ。



なにゆえ,海外旅行というものは初めてなので,正直「本当にちゃんと手続きうまくいくだろうか」と前々から気がかりでいました。
でも,チェックイン→セキュリティチェックを終えると,「なんだそんなに心配することじゃないな」と不思議と安堵をおぼえます
でもセキュリティチェックで,「ピーーー!!」と音が響いたのには焦りました
やべえオレなんかしたか?と思ってると,ポケットのもの全部出せと言われます
するとデジカメがぼろりと出てきました
そう,俺はこの旅では常にデジカメをポケットに入れて探検をしていました
タイで赤のEXILIMを持って撮影している大学生っぽい野郎を見かけられたあなた・・
どうか俺の痴態を見逃してやってくださいまし。。


CIMG1389.jpg

ぶらぶらしてると空港の本屋でアジア風俗スケベ雑誌として,名高いGダイアリーを発見
なにかと役に立つかなと思い,ドヤ顔で購入。
みなさんもエロ本を買う時は堂々と買いましょう。
女性店員の「うわ・・」って顔を頭に焼き付けておいてオ●ニーするレベルになると素敵です


CIMG1394.jpg


赤のウィングシャトルに乗り,いよいよ出発ゲートに向かいます
画像に映ってる赤い服の女性たちは,今回利用したベトナム航空のキャビンアテンダント。
この服装,とてもピッチリしていていいですよね
左の子は俺のオキニアテンダントになりました
「Something to drink?」と冷たくツンツン聞いてくるのに,ときおり見せる笑顔がこれまた可愛い
いい加減にしろとの声がきこえてそうなので,このへんでやめておきます


CIMG1402.jpg

CIMG1425.jpg


機内食は和食・洋食のどちらもあり,洋食をセレクト。
JALやANAだともっとレベルが高いのか解りませんが,ふつーにうまかったです
というより俺はウニとイクラ以外なら何でもおいしいと思える,ひもじい舌をしております


CIMG1435.jpg

ベトナム,タンソンニャット空港に到着
トランジット(乗り継ぎ)手続きをし,バンコク行きのフライトを待ちますが,ここでアクシデントが。
外を見ると,突然の大雨がドッシャー!!
どうも飛び立てないようだ。

CIMG1461.jpg


空港は,戸惑う人々や,誰かに連絡をする人でいっぱいだった。
旅にトラブルはつきものだが,なにも一日目に起こらなくてもいいのに,と自分の運の悪さと9月の雨季を憎む。
とあるアメリカ人が電話で,「stormのせいで遅れるんだ!」とソワソワ英語で話しているのが聞こえた。
話し相手は,バンコクの現地オキニだろうか,と疑う俺はどうしようもないフーゾク脳である



しかし,なんとか30分後には搭乗OKに!
不幸中の幸いという言葉を使うとしたら,こんなときなんだなと実感。

CIMG1464.jpg

雨はまだ激しく降っていたものの,出発(大丈夫か?)。
目指すは,夢の土地,バンコク。
ベトナムから90分もかかりません。
この時点で18時。今夜はどんな夜になるのやら。。と頭をかすめました
 
09.25 (Sat) 01:29  コメント23.
ベトナムのホーチミンからバンコクまでは90分ほどのフライト。
しかし・・昼の機内食から何も口にしていないので,猛烈な腹ペコ。
ううーーはらへったーー



「どうして,ベトナムの空港で軽食くわへんの?」
というご質問をお抱きの読者さん・・
ベトナムにいるのは空港でのたった数時間なので,
わざわざベトナム貨幣であるドンに両替するのは気が引けたからです
この旅行中の98%くらいはタイで過ごしましたからね^^b


CIMG1471.jpg


「はーー,タイまで我慢か・・」と思っていると,夕方の機内食が!
なんという救世主。
ガツガツと野獣のようにむさぼり,機内で1番に完食した手ごたえがあります
旅の恥はかき捨てですからね!(使い方おかしい?
・・味は全体的に昼のそれと比べ,downしておりました(笑)
茶色の肉にいたっては洗剤のような味が・・・・
何の肉かご存知の方はぜひご一報ください!
もし犬とかイノシシだったら報告をご遠慮ください^^;ゝ
知らぬが仏という言葉もありますしw

CIMG1467.jpg


前にいるのは年齢が同じくらいの女子大生2人でした
女子大生A「うちは,彼氏に浮気されてもいいから,最終的には帰ってきてほしい」
女子大生B「えー」
すてき!ビッチすてき!などと思いながら,生アシゲット
正直,画像を整理するまで,撮ったことすら忘れてました
飢えすぎやろ当時の俺・・・



CIMG1484.jpg

なんだかんだでいよいよバンコクのスワンナプーム空港に到着。
思ったよりも狭く,いよいよ色んな国籍の人々が増えてきます
日本との時差が2時間なので,時計の針を2時間分,戻します
ここで,「2時間おとくやん♪」とか思ってる俺カワイイ←


CIMG1480.jpg


こっから頼れるのは,自分のみ。
ぐっと気を引き締め,まずは日本円をタイのバーツに両替!
これからの記事では,バーツ(B)で書くことが多いかと思いますが,
1B=3円程度
でお考えください。
たとえば,「100Bの~~を買った」とかだと「(約)300円の買い物をした」と同感覚でございます^^


初の海外紙幣にワクワク。
両替所の若い男の人は,「コープンクラッ(ありがとうございます)」と言ってくれ,
同時にタイ独特の“合掌”(感謝を表す)をしていました
やべえ異文化たのしいと妙にテンションが上がったのを覚えています


CIMG1492.jpg

6万円を両替すると,このようなラインナップになって手元に返ってきました
似たようなのを以前に見た覚えがあるぞ・・そうだ人生ゲームだ。
色がついててかわいいですよね。
「へへっ」とプチ億万長者になった気分で,イミグレーションへ。

CIMG1481.jpg

イミグレでの入国審査は,かなりの列だった
横の女が全然列が進まないことに腹を立て,「チッ」と舌打ちし始める始末・・
こわいよー^^;
俺の番になると・・・なるほど,たしかにけっこうチェックは厳しかったです
審査員「顔をもう少しあげて・・あげすぎ・・はいそこ」
顔認証ですかね?

CIMG1486.jpg


その後,無事に入国OK!!
空港の地下にある「エアポートレールリンク」に乗ります
今までバスやタクシーで市内に行くしかなかったのですが,ようやく鉄道ができたそう
なんとこのレール!2010年8月23日に開業したばかり!
ちょうど俺がタイ訪問する1カ月前くらい。
エロの神様は俺を見捨ててなかったのですねと思いつつ,受付へ。


Express・・100B。ノンストップ15分で市内へ。
City Line・・25B程度。各駅停車で市内へは30分ほど。



無性に早くエロにかじりつきたかった変態革命中の俺はエクスプレス即決。
なにげに,タイで初めてバーツを使った瞬間でした。
初めての買い物が,風俗のためのレールチケットなんて,墓場まで持っていきたい秘密でございます


CIMG1490.jpg

CIMG1491_20100925233758.jpg


開業したてなのか,かなり過疎っています
このエアポートリンクの存在を知らない旅行者もたくさんいるハズ。。
席はガラガラで,このままの乗客数だと確実に赤字で潰れるでしょうね
ゆったりと使え,うれしいのですが


CIMG1494.jpg


終点マッカサン駅に即到着。
この時点で現地時刻21:42。
タイの風俗ってどんなんなんだろうと思いながら目的地へ。。
 
09.26 (Sun) 00:19  コメント8.
エアポートリンクのマッカサン駅の近くには,MRTの駅がすぐ近くにあります。
MRTとは,日本でいう地下鉄のようなもの。
この旅のあいだは,頻繁に利用したなーーー



マッカサン駅の近くのMRTの駅は,ペッブリー(ペチャブリー)駅だと,
タイのスケベ本で勉強していたので,ペッブリーに行くことに。
ほんまにタイに初めて旅行される方は,路線関係は予習必須ですよ!




マッカサン駅の駅員に,“How can I get to the Phetchaburi station ?”と尋ねると,
“Please go downstairs.”と言われたのでマッカサン駅の地下をしばらく歩くと,
ようやく地上に出ることが出来ました。
そう,この10日間の旅は,英語でほぼ乗り切りました。あと,少しのタイ語です。
よって,これから出会った人との会話は日本語で書きますが,
現地の人が日本語をしゃべってくれてるわけではありませんw
日本語は絶望的に通じませんでした。
英語を大学で専攻しててよかった。


CIMG1553.jpg

ペッブリー駅に到着。

俺は,この駅から1駅の「ラマ9世」駅というところに行きたかったので,初めての切符購入。


CIMG1502.jpg

ただ切符購入機があるものの,買い方がわからない。。。
そんな感じで戸惑ってると,現地のおっちゃんが
「どこに行きたいんだい?」
と聞いて来てくれたので,
「ラマ9世駅です」と答えると,
目的地のボタンをピッと押してくれて,俺は運賃15Bほどを投入すると無事,切符が出てきました!


「ほんとうにありがとうございます!」と言うと,
「よかったよかった」みたいに笑って去ってゆきました
今でもあのおっちゃんの笑顔は忘れません。
さりげないけど,温かい気持ちになりました


MRTの切符は,日本みたいな紙のようなものではなく,黒いコインです
改札口にかざすだけで,扉が開くハイテク。


CIMG1506.jpg

電車に乗ると,まさかの乗車率100%超え!?
これから花火大会でもあるのって感じの混み具合
東京に風俗遠征行った時,環状線もこんな感じだったなーーなどと思いながら,
痴漢に間違われないよう腕組みしていた俺はBest of チキンでございます


CIMG1507.jpg


すぐにラマ9世駅に到着。
そう,俺はこの駅の近くにあるマッサージパーラーに行こうとしているのだ!
マッサージパーラー(MP)は日本でいうソープみたいなもの。
バンコクに数え切れないほど存在します。
しかも店によって女の子の年齢,質などがバラバラです
でもせっかくタイまで来たんだ。ケチってどうする!
と思い,高級店でアヘアヘしようとニヤニヤしながら歩くと見えてきたお店は・・


CIMG1542.jpg

どどーーーん!!
どうですか,このスケール?
この建物が1つのお店なのです。
ほんまにお城みたいですよね
そう,俺が今回行ったマッサージパーラーは『アムステルダム』という有名店。
言わずと知れた高級店です。
このお店は,芸能人のタマゴやモデルが在籍されているとも言われています
ただ,そのような超VIPの嬢は常連に予約を埋められているらしいですが。


建物の周囲をぶらぶらしますが,駐車場からなにからなにまで広い!
駅から徒歩1分のところにこんなソープがあるなんて,アツすぎるぜバンコク・・


CIMG1536.jpg


緊張で足がガタガタ,ム●コがビンビンなりながらも,いざ入店!
コンチア(店員)「ladyが目的ですか?」
俺「は,はい・・(ゴクリ」
コンチア「了解いたしました。案内します」




連れられて行ったのは・・・・大きなカフェっぽいところ。
音楽を奏でるミュージシャンはいるわ,シートで女性と酒を飲んでいるエロオヤジはいるわで・・
本当に別世界。
そして・・その先に・・キタアアアアアアアアアア ひな壇。
これがタイの,ひな壇か・・。
日本ではありえない光景にただ絶句


左のひな壇 右のシート席と,2つに別れています。
肝心の嬢たちは,みんなかわいい!!
めちゃくちゃハイテンションになる。
その時間帯で30人ほどいました
そして俺は嬢たちに一番近いシートに案内されます
やばいやばいやばい緊張しすぎる・・・・
みんな,日本人が来たとのことで60もの目がこちらを見ます
目を合わせることなんてできません。



しばらくすると,コンチアが「飲み物は?」と聞いてきたので,コーラを。
冷たい飲み物で頭を冷やさなければと,思いましたw
飲み物が届くと,少し落ち着いてきました。
少しずつ,嬢たちの顔を見れるようになってきます。
左のひな壇は,新人が多いらしく,18歳やスれてない子も多いらしい。
右のシートはセミプロ~プロで,20代中盤が多いが,ルックスレベルは申し分ない。
俺はもう少しじっくり見たいので,コンチアに「席を移動していいか?」と聞き,後ろの方の席へ。
横では地元の青年が,コンチアと酒を飲み,どの嬢がいいかゆっくり選んでいた
あーーどうみても心臓バクバクして冷や汗垂れ流してる日本人大学生の俺はアウェイだろーー;;と思いつつも嬢の方をWatching。




その中で,右のシートでずっと俺をうっとり見てくる子を発見
あーー緊張してる俺を癒すような優しいまなざしだ。
モデル体系の黒髪。
俺はコンチアに「あの一番右の子と遊んでみたい」と言うと,料金表を持ってきます
嬢ランクは,タマダー(一番下のレベル)~スーパーモデル(一番上のレベル)まで4レベルに分かれている。
俺の指名した子は,上から2番目のレベルだった。
3100Bとコーラ代(45B)を払い,いよいよ彼女が俺のところに・・・・





【★遠征ナイトライフ★ 1人目】


φ店名:アムステルダム
φ場所:ラマ9世
φ名前:IS(略称)
φ年齢:24
φ身長:159cm
φ国籍:タイ
φ費用:3100B(90分)


thai1.jpg





手をつなぎ,アムステルダム内のホテルエリアへ移動。
噴水の近くでパシャリ!
ホテルと風俗店が合併してる施設って便利すぎる・・



CIMG1516.jpg

部屋に到着。

期待を裏切らない綺麗なプレイ部屋だ



CIMG1532.jpg

部屋からの眺め。
俺がこの子と遊んだプレイ部屋は8階だった。
手前の敷地も全てアムステルダムのもの。広すぎにもほどがあるやろ・・・




二人きりになった・・・・
めったくちゃ助かったのはこの子が日本語を少し話せるということ!
もちろんカタコトですがw
9か月くらい勉強してるらしい

IS「いつ来た?バンコクに??」
俺「さっきです^^」
IS「!!」


エロのため,エアポートリンクの特急ですっ飛んできたとはさすがに言えまいw
日本やタイのことをお話しながら,注文した飲み物で乾杯
この子はMPで働きはじめて1年半らしい。まーセミプロというところか?
会話も,気を配ってくれ,めちゃんこ優しかった
なにより笑顔がキャワイイ
日本の地雷嬢は爪の垢を煎じて飲んでほしいものである・・・



ソファで腰掛けて,話していると俺の何かが吹っ切れた
「セクシー^^」とわけのわからないスケベ発言をし,そっと抱き寄せる
なんといい香りがするんだ・・
この子も,ズボンをゴシゴシ摩擦して,抱きつきながら「かたいw」と言っていた
こら!そんな卑猥な日本語覚えちゃいけません><

「お風呂に^^」とISがいい,バスタイム。


CIMG1528.jpg

入っててと言われ,まさか俺一人なのかと思ってると,嬢も全裸になり,混浴★
さすが!期待を裏切らない!!



風呂では体の隅々までせっけんで洗ってくれた
しかもお湯の中で。
朝に日本を出発し,汗をかいた自分にとっては,きれいサッパリでありがたい
はいそんなことされると,もちろん勃●してしまいますね
それを察してか,最後はご褒美としてオッパイでチ●コをゴシゴシこすりつけてくれます
乳首と亀●がこすれて,愚息もいよいよパンパンに・・
超きもちよく・・・バッテリーMAXの俺はあやうくイきそうになりましたw



ベッドに入ると・・彼女は淫獣。
かわいい外見からは想像できないほど,乱れる
俺の最近の弱点である乳首を両方丁寧にぺろぺろ・・
俺はISの控えめBカップをもみもみしながら,どんどん愚息がはちきれそうになっていくのを実感
フェラもたいへん献身的なフェラで,向かいの鏡に彼女がお尻を突き出しながら俺のモノをしゃぶっているのが見え,支配欲を味わう


俺もISの裸体をむさぼろうと,
胸をねっとり舐めつくして乳首を立たせ,クリをさわりながらアソコを舐めつくす!
ISのアソコは毛の処理が綺麗にされており,とても綺麗な美●ン・・
しかも入口はピンク色ときた
舌先でいやらしい部分をじゅるじゅる吸いながら,ISの全てが欲しくなった



ゴム着正常位でいざ挿入・・

ISのアソコは俺のギンギンタワーをゆっくりと迎えてくれた
まあ締まりは中の下といったところか
それだけが少し残念だったものの,頭が150℃で沸騰中の俺にしてみればどうでもいい話。
黒髪お姉さんの熱い陰部きもちーー^^


ヌチュヌチュ突いてると,いつもの征服欲が出てきたのでバックへ。
すばらしい眺めだ。
鏡には日本人大学生がスレンダーお姉さんをズコズコ突いている姿が映っている
このハリウッド顔負けのシーンを誰が予想しただろうか
また,ISはクビレがものすごい。
バックで突きながらきゅっと締まったクビレを手で味わいながら,尻をわしずかみにしてパンパン肉棒を出し入れする


でもお姉さんに犯されるのもいいかなと思い,騎乗位へ移行。
黒髪お姉さんは自分で腰を動かしながら,息を荒げてました^^
俺はその乱れる姿を下から眺めながら,ISの裸体を手でなでまわしまくる
もう我慢ならん・・
正常位に戻し,キスをしながら密着(彼女が腕を俺の方にまわしながら),だっこヌプヌプしながら天まで突く!


抱きつきながらピストンしてると限界が近づいてくる・・
「ああ・・・イく・・」
ISも「んっ・・んっ・・」と声を出している中,ビュルビュルッと熱いものを放出。


・・・・・・・。
とても,濃い時間だった。。。
その後,体を洗い流し,身も心もさっぱり。




プレイ後,ひな壇がある部屋に戻る
チップ500Bを渡し,いよいよお別れのとき
(タイのMPはプレイ後にチップを渡す。チップの額は,客の自由。)
「また来てね♪」と言われ,笑顔でバイバイ




thai2.jpg




ありがとうIS。楽しかった
順調なスタートを切れ,火照った体のまま,アムステルダムに背を向けました。
 
09.26 (Sun) 18:09  コメント23.
「ふ~~タイ最高や!!」
マッサージパーラーですっきりした後,そう思う。
夜も遅く,翌日の朝に別地域へのフライトが控えていたので,空港に戻ろうと考える。



ラマ9世駅→ペッブリー駅までMRT。
マッカサン駅→スワンナプーム空港までエクスプレスとまた逆戻りだw
一回の風俗のために空港から抜け出してきた俺は,どこまで欲に煮えたぎっているんだ・・


CIMG1543.jpg


さーて戻るかと,ラマ9世駅をぶらぶらしてると,おでん屋らしき屋台を見つけた
マッサージパーラーで運動?してきたので,
少しおなかがすいていた俺は吸い取られるように店に近付く
「ウインナーを」(深い意味はない)
主人「10Bです」
でもこれナマで食うのか?と思ってると,横にいる青年がこういう風に食べるんだよとそばにあったタレを指さす


CIMG1544.jpg

そしてなんとこの青年
「日本人ですか?」と言ってきた。
まさかこんなところで日本語を聞くとは思っていなかったので,たいへんビックリ
彼は本当に日本語が流暢である
俺「日本語ペラペラ!」
青年「いやーそんなことないですよーw」
俺「日本語勉強してるの?」
青年「秋田県にしばらく留学してたんです」
俺「ほーーー。ここと違い,寒いところだったでしょ?」
青年「タイは雪は冬になっても降らないけど,秋田はすごかったですね!」


留学の成果,かなりあるようだ。発音もうまい。
彼は19歳の大学生らしく,一歳年上の自分に対して「せんぱーい!」と言ってきたりお茶目なところもあった
タイでオススメの観光スポットなどを教えてもらい,最後は「楽しんでください!」といわれ別れた
友好的でいい奴だった!



ラマ9世駅→ペッブリー駅のMRTに乗車。
ふーーっと一息ついてると,横の座席に2人,前の席に3人の合計5人の学生らしき子たちがいた。
そして,彼らはケータイで写メとかお互いに撮りあってて,キャーキャーしてた
向かい側の子たちが,こっち側の2人の写真を撮った時,向こう側の子たちが盛り上がってた
俺はなんだろう?と思い,向かい側の子の携帯画面を見ると,なんと俺も写真にうつっていた!
彼らは俺と同じペッブリー駅で電車から降りていた


面白い奴らだなーと思い,話しかける。
「みんなって高校生?」
するとその中にいた男の子が
「いえ,大学生です!」と答えてくれた
なんでも全員19歳世代らしい。
彼らは英語ができたので,自己紹介など,大いに盛り上がった

CIMG1548.jpg

俺が彼らの写真を撮ると,彼らも携帯を取り出し,駅の中でプチ記念撮影会(笑)
「タイで何をしているんですか?」と聞かれ,
「Sightseeing(観光)」と答えてしまう本音が言えない俺^^;
ソープで数十分前まで腰振ってますた^^;
最後は笑顔で別れ,マッカサン駅に向かう。



CIMG1559.jpg


この赤いのがエクスプレス
青いのが別にありますが,それはシティラインです。


CIMG1560.jpg


空港に戻ると,とりあえず眠すぎたので,朝の便までの数時間のためだけにホテルを探す。
代理店の人に,「一番空港から近いホテルで」とリクエストし,そのホテルの交渉人に空港まで来てもらう
Sinsuvarn Airport Suiteホテルと名乗っていた。
名前はkokoという小柄な40代のオッサマ
このオッサマはなんとも手ごわい人でした!


CIMG1561.jpg

どうやらサービスの一環として
ホテル→空港,空港→ホテルの送迎付きだという。
うんそれなら翌日のフライトに乗り遅れる心配もないなと宿泊費を聞くと,
「1800Bでどうだ」とかふっかけてきやがる。
ふざけるな高すぎだというと,1400Bになる。
こいつ・・俺の足元見てやがるな・・
日本人そして大学生なので,舐められたもんですね
1200Bに下げろと言ったら,1300Bになった。
それでも今思うと,十分ぼられてます。
というか,初日のこのホテル代が,後に泊るどのホテルよりも高かった
値段交渉したのもこのホテルだけだし・・。
まーゆっくりベッドで寝たかった俺は「いっか」と思い,送迎バンでホテルまで。
空港から5分ほどのドライブで着きました

CIMG1566.jpg

CIMG1567.jpg

なんとクリーンな部屋なんだ
数時間の睡眠のためだけにしては,もったいない設備すぎますねw


CIMG1571.jpg

ティッシュ1枚出そうとシュッって引き抜いたら,こんなことに。
つらなってるなんて聞いてないんだから・・・



シャワーを浴び,ぼーっとする
長い1日・・・だった。
やっぱ「運動」すると疲労も付いてきますね。




「どさっ」

ベッドに入り込むと,とてつもない睡魔がじゅんぐりじゅんぐりと襲う
目をゆっくり閉じる
二日目の明日はどんな日になるんだろう?
どんな子に出会うんだろう?
現地時刻01:30。
4時間後には空港だ



【1日目 おわり(・∀・)】
 
09.27 (Mon) 04:13  コメント10.
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。